光が広がる

Posted by Y on 12月 20th, 2012

 たくさんの方がご来場くださり、一緒にクリスマスの一時を過ごすことができました。寒い中のご来場、ありがとうございました。

 中央公会堂の周りは、光がいっぱいでした。光を見るとなんだか安心します。クリスマスに「光」は欠かせない、大切なものです。
 クリスマスである12月25日は、ローマで太陽の祝日だったと言われています。昼が短くなり、力を失っていた太陽が、冬至を迎えて力を取り戻します。太陽の光が日に日に広がり、よみがえることを祝っていたのです。
 キリストの誕生そのもののようです。クリスマスはキリストの誕生によって、世に光が広がっていくことを祈る時なのでしょう。
 

Missa Cum Jubilo

Posted by Y on 11月 23rd, 2012

 きれいな装飾が通りを輝かせ、楽しいクリスマスソングが聞こえてきます。町はすっかりクリスマスの準備をしています。
 クリスマスが近づくと、なんだかわくわくしますね。そんな気持ちも神様からのプレゼントでしょう。喜んで御子の誕生をお祝いしたいものです。けれど、ただ騒がしい気持ちだけになってしまうと、本当に大切な御子の産声が、その小さな吐息が、聞こえなくなってしまうかもしれません。
 にぎやかな楽しい気持ちの中にも、感謝と祈りの静かな気持ちをもって、温かいクリスマスをお迎えしましょう。

 そんなクリスマスの季節に毎年たくさんの演奏会が行われます。私が所属する声楽アンサンブル・プサルムスの演奏会も今年で4年目となりました。もし興味があられたらご来場ください。

日時:2012年12月23日
   15時開演(14時30分開場)
会場:カトリック夙川教会
入場無料(要整理券)

プログラム
Missa de Beata Virgine(G.P.パレストリーナ)

Ave Maria…virgo serena (J.デ プレ)
Rorate Caeli (F.ゲレーロ)

混声合唱のための典礼聖歌(高田三郎)より
「天よ露をしたたらせ」「友よきこう」

ほか

ザ・ビートルズ

Posted by Y on 11月 17th, 2012

 アカペラヴォーカルアンサンブル「ジパング・コンソート」の冬の定期演奏会のご案内です。今年はビートルズがデビューして50年。ビートルズナンバーをはじめ、彼らの母国イギリスの民謡、ルネサンス期のマドリガル、そしてクリスマスキャロル。美しく楽しい音楽の数々を、アカペラの演奏でお届けいたします。

 会場周辺はこの時期、クリスマスイルミネーションに彩られます。そんな景色も合わせてお楽しみいただけると思います。お誘い合わせの上、ご来場いただけると嬉しいです。

日時:2012年12月20日(木)
   19時開演(18時30分開場)
会場:大阪市中央公会堂3F 中集会室
入場料:4000円(全席自由)

プログラム
イギリス・マドリガル
「御婦人用の素敵な小間物」「涙せよ、わが瞳」ほか

イギリス民謡
「ダニー・ボーイ」「グリーン・スリーブス」ほか

”ザ・ビートルズ” デビュー50周年
「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」ほか

クリスマス・キャロル

ご興味あられましたら、ご連絡ください☆

リミット

Posted by Y on 10月 9th, 2012

 「この年齢までは挑戦しよう」と勝手にリミットを決めていました。実際その年を迎える前に環境も大きく変わり、「もういいや」と挑戦を辞めてしまいかけていました。
 けれど今、その年齢に達してみれば、まだまだ成長できる自分があることに気付きます。成長できることは本当に嬉しく、楽しいものです。もうリミットを決めるのはやめました。生涯挑戦し続けます。

Posted by Y on 8月 1st, 2012

 祖母が亡くなりました。おばあちゃんというのは優しいものだと教えてくれた人でした。兄弟の多い我が家に、子どもが生まれる度に手伝いに来てくれていました。私のおむつを替えていたら、顔にかけられたよと、笑いながら話していました。おばあちゃんが来るとなんだか安心しました。おばあちゃんが優しかったからだけでなく、きっと母が安心していたのを子どもなりに感じとっていたのでしょう。今子どもを育てながら、その力の大きさを改めて感じます。

 でも大きくなるとともに会う機会も減り、祖母が身体を悪くして施設に入ってからも、本当に稀に顔を見せた程度でした。訃報を受け、老後は幸せだったのだろうかと、いつも心にかけていなかった自分に悲しくなりました。

 通夜に向かう途中、雨が降りました。着くころには晴れ間が見え、車から虹が見えました。ちょうど通夜のある教会と重なり、まるでそこから天に伸びているようでした。

 神様の近くから、これからも見守っていてください。