作品名「出口」

Posted by Y on 6月 2nd, 2009

出口
 高校生の時は、ただただ将来の不安や、なんとなくさみしい日々に、いつも現実逃避をしていた気がします。描く絵もどこか現実離れしたものばかり。翼の生えた人たちが住む世界に行きたかったのか、もう忘れてしまったけれど実は我々はすべてもともと翼を持っていて、いつのまにか失ってしまったのか…

 おーなり由子さんの「天使のみつけかた」という本に人間になりたかった天使の話というのがありました。天使にしか見えないものがあるのと同じだけ、人間にしかみえないものがあると─

 この出口を通って外に行きたいと思っていたのか、向こうからこちらに出てきてしまったのか、今では覚えていない。けれど空に憧れた高校生が翼を持ったら、きっと今度は地面を踏みしめて歩くことに憧れるのだろう。与えられたものへの感謝ができれば、きっとその人は幸せになるだろうと思う。

Billboard Live

Posted by Y on 3月 9th, 2009

 日曜日、演奏会に行きました。「カンツォーネの楽しみ」と題された演奏会。歌を愛する方々が、それぞれのカンツォーネを歌っておられました。まさにマルコとジーナの世界でした。

 歩んできた人生があらわれる、そんな歌を聴きながら、ほんの一時、すてきな時間を過ごしました。

風景画2(鉛筆による複製)

Posted by Y on 9月 26th, 2008

風景2 この絵も高校生の時のノートの走り描き。空に近い場所として描いた、風景画1の裏面(どっちが表ということではないけれど)に描いてありました。少し手を加えて描き直してみました。

 昔は自然の中で歌っていた楽器、
いつからか沈黙の中で佇んだまま。

 チェロは繊細で野外で演奏する楽器ではないし、野ざらしなんてとんでもないけど、それを何かの象徴として、表裏の葛藤の中に置いたのかもしれません。青の中で、所在知られることなくただ佇むことしかできない悲しさを。自然と同化し行く、忘れられ行く心細さを。

 デッサンギャラリー「M.Mukaiとは」に、風景画1と一対の作品として並べて掛けています。

 イスのデザインはインテリアショップで借りてきました。

アントチェア ブラック (jacobsen アルネ・ヤコブセン)
icon

風景画1(鉛筆による複製)

Posted by Y on 8月 17th, 2008

風景1
 朝、窓を開けると、気持ちいい風が入ってきます。まだまだ暑いけど、秋を迎える準備が少しずつ始まっている気がしました。

 高校生の時、授業中ノートに描いた走り描きを再現してみました。当時は同じような絵をたくさん描いていました。気が付いたら木を描き始めていて、丘(というかただ空に近い場所)があって、雲があって…そうした風景画、最後には小トトロや鳥などをその世界の住民として、根っこのそばに描きました。

 人を描くことはあまりしませんでしたが、このノートの切れ端には、木陰に人を描いていました。(モデルはなく、抽象的な存在ですが、あえて当時のままのキャラクターを残しました。)当時はなぜか彼に、トランペットを持たせたくなりました。それが彼にとって、誇りなのか安らぎなのか、恋人なのかアイデンティティーなのかはわからないけれど、彼が悲しい時も嬉しい時も、いつも一緒にいるような存在であってほしいと思って。

 雲をただ黙々と描くのが好き。その時の偶然が生んだ形、無限の可能性、時に重たく、時に輝いて空をレイアウトする。光の描き方は正直わかりません。だから影を描きます。影は光のないところに生まれないから。きっと光を見せてくれる。木や草、葉を描くのも好き。葉を一枚一枚描いていくうちに、大木の全貌が見えてきます。どんな大きな木も、その一枚から始まる。

 光と影、自然の姿、たとえ描くものが空想であっても、それらを絵で表現するのに必要な理を、私はまだあまり知りません。デッサンの技術も研究も足りない。だからもっとたくさん本物を見て、空想の世界も創造していきたい。

☆この絵はデッサンギャラリーの一室、「M.Mukaiとは」に掛けています。足りないものはたくさんだけど、心の風景画として置いておこうと思います。スペースの都合で少し小さくなりましたが、当時のノートに裏表で描いていたものを複製して、連作っぽく並べてみました。よかったらぜひご覧ください。

作品名「渚」(鉛筆による複製)

Posted by Y on 12月 1st, 2007

渚 何かの狭間で苦しむ時、海を見に行くときっと癒される。海は大きいから。渚…海でもなく、陸でもなく、空でもない場所。スピッツのマサムネさんが昔、先生に教わったとか。スピッツの歌が好きになったのはこの曲から。

 高校で卒業研究みたいな取り組みがあって、この「渚ー海でもなく、陸でもなく、空でもない場所ー」をテーマにしました。内容は渚と掛けて、海から陸へ、そして空へ、その進化のまっただ中にいる動物について。

当時の私は、周りの人もそうだったと思うけど、子どもと大人の狭間にいた存在でした。
今もそうかもしれない。