中秋の名月と呼ばれる月があります。人々は、まあるく空に輝く月を、昔から美しいと感じてきたのでしょう。その日見上げた月はとても明るく、空にありました。
でも私は、消えそうな三日月も、欠けた部分を思わせる半月も、見えないけどそこにある新月も好きです。「きれいだね」と言いながら帰り道に見上げた名もない月も、好きです。