研修会にて

Posted by Y on 5月 26th, 2012

 ある研修会で柳本監督(前バレーボール全日本女子チーム監督)の講演を聴きました。監督は夜、キューバ戦の解説のため、合間をぬっての来阪とのことでした。
 お話では、挫折を経験することの強さや、海外と戦うために必要な力、練習でつけられる力と、そうではない人間力のことなど、監督時代の舞台裏から色々とお話してくださいました。

 関係ないけれど、なぜか綾南高校の田岡監督が、魚住選手に話したことを思い出しました。

「でかいだけ?結構じゃないか。体力や技術は身につけさすことはできる…だが…お前をでかくすることはできない。たとえオレがどんな名コーチでもな。」

 お話を聴いたのもあり、キューバ戦が気になって見ました。最後の最後まで、とてもすばらしい試合でした。今日のロシアもとても強かった。また次も良い試合を見せてくれることでしょう。

金環日食

Posted by Y on 5月 21st, 2012

 非常に珍しいということで、世間で話題になっていました。それを見たからといって、何か自分に影響があったかどうかはわかりません。見逃していたとしても、映像だけならテレビで立派なものを見せてくれています。

 職場で見るつもりでいつも通り出勤しました。自転車で通勤しながら、街角で空を見るたくさんの人を見ました。通学前の子ども、家族、近所の人と集まる仲間、通勤中の人、夫婦。それぞれの居場所からみんな太陽の金環を待っていました。普段別々の方向を向いて過ごしている多くの人たちが、その瞬間に同じ空を眺めている風景を見て、何かこみ上げるものがありました。

 地球、太陽、月が重なり、太陽が月の影に隠れる…この大きな宇宙にある、なんと壮大な関わり合いでしょう。そんな関わり合いの一部にはやはり心打たれるものがあったように思います。何よりその時間をそこに集まった人たちと楽しく過ごせたことに、私は価値を感じます。