宝塚ベガホール、立派なパイプオルガンが正面に聳える美しいホールです。定期的に、「市民のためのオルガンコンサート」が開かれています。

 この日は、歌とオルガンによる演奏会、グレゴリオ聖歌からポップスまで、音楽の意外なつながりをたどるものでした。

 J.S.バッハのオルガンを聴くと、その斬新さに度々驚かされます。熱いビート、不協和音を惜しみなく繰り出す対位法。一曲目に演奏された「トッカータ アダージョとフーガ」にも、そんなバッハのオルガン音楽の新しさを感じました。

 グレゴリオ聖歌から、日本の歌謡曲まで、どこかでつながりながら変化し続けてきた音楽、これからも、過去をふり返りながら、また歴史を刻んでいくのでしょう。