ハウステンボス

Posted by Y on 9月 28th, 2010

 なんども来たことがあるハウステンボスですが、何度来てもなんとなく好きな場所です。有名なテーマパークのような華やかさはないけれど、静かに異国の風景を映す空間は、いつもドキドキさせてくれます。アミューズメントは相変わらず、いつも同じですが、毎回特設の会場を作っています。この夏はワンピースや、マイケルジャクソンを取り上げた施設がありました。がパスポートと別途料金がかかるのでやめました。以前そんな特設のお化け屋敷に入って、そのつまらなさに驚いたことがあります。普通に進んでて、気がついたらハリボテの裏っかわを歩いていたという(ルート通りか、そうでないのかしばらく迷っていましたが)。

きっとまた来ると思います。

長崎

Posted by Y on 9月 20th, 2010

 佐世保から長崎市内まで行きました。市内ではグラバー園や、美術館に行きました。グラバー園にある建物や家具、庭園の装いは、一つひとつなんとも優雅で、エキゾチックなものでした。

 グラバー園内の建物で「幻のオペラ歌手 喜波貞子の生涯」という展示が目につきました。戦前、マダムバタフライでヨーロッパに名を馳せたという喜波貞子。これまで日本ではあまり光を浴びていない。歌唱はもちろんのこと、人柄も人を惹き付けるものがあったという喜波。そんな彼女の生涯について様々な資料が展示されていました。偉大なソプラノの生涯に触れ、胸が熱くなりました。

阿蘇ファームビレッジ

Posted by Y on 9月 16th, 2010


 宿泊施設がおもしろいと、阿蘇ファームランドに行きました。なるほど、ドラクエの村のような建物がずらりとならんでいました。こんな村に住んでみたいなと思いました。

 夜はとてもキレイなイルミネーションに飾られていましたが、霧の中でした。

 利用できる色色な施設もとてもおもしろそうなものばかりでした。ドーム型のサウナのようなスパがたくさんあったり、行ってはいませんが、動物とふれあったり、アスレチックのような広場があったり。健康を意識したたくさんの施設がありました。スパはとてもよかったです。ちょっとだけ健康になった気がします。家の近くにこんな施設があったらいいなあと思いました。また行きたいです。

やまなみハイウェイ

Posted by Y on 9月 14th, 2010

 車で阿蘇に行くなら、やまなみハイウェイというそれはそれは美しい道路があるから、ドライブはとても気持ちが良いときいていました。ただ、そのハイウェイへ向う時に台風が北の方を通過しているとの情報が。

 さて、そろそろやまなみハイウェイかなと、山道を運転していたのですが、今いるところがやまなみハイウェイなのかどうかもわからない状態でした。気がついたらやまなみハイウェイは通り過ぎていたようです。

絵本美術館

Posted by Y on 9月 6th, 2010


 絵本作家、葉祥明氏の絵本の世界が広がる、すてきな美術館に立ち寄りました。気持ちの良い風が吹く丘の上の美術館、展示場の扉を開くと、物語の中のような庭が広がり、リトルエンジェルの小道、ジェイクの丘などと名付けられています。

 「ブルービーという青いハチがお庭に来ていますよ。」と受付の方がおっしゃいましたが、「またメルヘンなことを…」と疑いつつも、「どんなハチだろう。」と興味も持って、展示場を一通り鑑賞してから、庭に出ました。するとそこに携帯を持った人だかりが。覗き込むと確かに青いハチが…初めて見るもので驚きました。絵の具で塗られたんじゃとか、ハチに似た変わった虫ではとか、見てからも少し疑っていましたが、どうやら本当に青いハチでした。後々調べると「ルリモンハナバチ」というハチらしいです。
 
 お庭散策も楽しみ、最後にミュージアムショップに立ち寄り、絵本を一つ購入しました。すると店員さんが、「サイン頼みましたから、ちょっと待ってくださいね。」と。なんのことかと思っていたら、カフェの方からベレー帽を被ったおじさんが出てきて、絵本にサササッとサインしました。思わぬ記念になりました。