古いビデオをいろいろと見ていた時に、
興味深い番組が録画されているのを見つけました。
最初が切れていたのですが、子ども向けの番組で、
働くとはどういうものか、お金の価値のようなことにも
少し触れているものでした。

 好きな子の誕生日プレゼントに豪華なものを買うために
父親のお金を盗んだ小学生の息子が、
夢の中で、家庭を持って働く体験をするという。
会議のプレゼンがうまくいかず怒られ、
上司にこてんぱんに言われても、ひたすらに我慢する。
同僚にバイキングに誘われても、昼食代は毎日500円。
パンを買って土手で昼食です。
そしてそこで父親が怒られているのを目にします。
頭を下げて上司を見送る父親。
そのまま土手に座って昼食のパンをかじる。
そして立ち上がってまた職場に戻るのです。

 夢から覚めた息子はお金をとったことを正直にあやまりました。
父親は息子のプレゼントしたいという気持ちを察し、
お金をくれると言ったのですが、息子は受け取らず、
自分のおこずかいから心を込めたプレゼントをしました。
豪華ではないけれど、女の子はとても喜んでくれたのでした。

 働く者は働きにでる
 働く者は緊張の連続だ
 働く者はひたすら耐える
 働く者は負けない