閉園

Posted by Y on 1月 30th, 2009


 2008年12月31日、倉敷チボリ公園が閉園しました。私は一度だけ行ったことがあり、素敵な空間で、好きな場所になりました。もう一度静かな公園を歩いてみたかったです。(倉敷チボリ公園)。私は霧雨の降る昼下がりに、チューリップの中を歩いていました。夜はイルミネーションがとてもきれいだったんですね。そんな季節にも行ってみたかったです。comevaさんの旅行ブログより

 時代が流れても、変わってほしくないものはあります。跡地はどのように利用されるのでしょう。どこかに夢を残しておいてほしいです。


 温かいものに気付くことができる、そんな冬はとても好きだけれど、ぽかぽかした温かい春にも憧れます。日々目まぐるしく流れる時をわすれて、ただゆっくり歩いてみたいです。

Part of Your World

Posted by Y on 1月 17th, 2009

作詞:Howard Ashman
作曲:Alan Menken

 ディズニーの「リトル・マーメイド」、元はアンデルセンの悲劇の童話ですが、ディズニーによってパッピーエンドなストーリーになり、かわいいキャラクターたち、楽しく美しい音楽、子どもたちにも人気のすてきな作品です。音楽、アカデミー賞では作曲家賞、主題歌「アンダー・ザ・シー」は作品賞を受賞しています。どの音楽も本当にすばらしいのですが、私は中でも「Part of Your World」が大好きです。

 外国に、この曲を歌っている男性タレント(Nick Pitera)がいます。動画をupされているのですが、表現が本当にすばらしいです。強弱、緩急、息の使い方、全ての表現が、テキストを大切にした形でメロディと調和していて、聞き手に感動を届けてくれています。それを可能にする感性と強い楽器を持っておられるのだと思います。いろいろなスタンダードや女性歌手のカバーも、独特の音楽を聴かせてくれます。

Nick Piteraさんのブログ

深イイ話

Posted by Y on 1月 8th, 2009

 今日は始業式、希望や夢いっぱいの子どもたちの声が、学校に戻ってきたことでしょう。もしかしたら不安や心配があって、そうでない子どももいるかもしれないけれど、今年は素敵なことがきっと起こると思います。新しい年が、みなさんにとってすばらしい一年になりますように。

 先日帰ったら、ちょうどテレビで「深イイ話」が放送されていました。そこでCMを紹介した投稿がありました。…学校の屋上で童話を読む少女、彼女の読む童話では、シンデレラはきたない格好でいじわるされ、そのままずっと働かされる。王子は何百年もカエルのまま、みにくいアヒルの子はみにくいまま。素敵なことが起こる前にお話を終わらせて、自分は屋上のフェンスを越える。でもきたない格好のシンデレラやカエルになった王子、みにくいアヒルの子が、最後に素敵なことが起こることを教えてくれる。自分たちの物語は苦しみや悲しみだけで終わらないことを教えてくれる。お話はこれからだと教えてくれる。

 自殺をしようとは思っていないけれど、ちょっと前向きに生きようって思いました。辛いと思うことだけじゃなくて、毎日の中にあるであろう人生の素敵なところを見てみたいので。物語も人生も、辛い、苦しいところで終わらせてしまったら、素敵なことを知ることができないんですね。

「人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる」

H&IのCM (90秒) (180秒)