甲斐の国

Posted by Y on 4月 29th, 2008

信玄

 山梨県に行きました。甲府駅をおりたところで武田信玄に会いました。桃、葡萄、武田信玄、中学校の時に地理で勉強したことを思い出しました。大阪とは聞こえる音が違う。当たり前のことだけど、見る景色も似ているけど違う。私にとっては写真やテレビの中にしかない建物や路線が、ここにいる人たちにはいつもの風景なんだなぁと不思議な気持ちになりました。どこか大阪にも似た景色、何だか鏡の世界な感じがしました。そこにあるのはもう二度とすれ違いもしないかもしれない遠くの人たち。それぞれに日々の営みがあって他人には知る由もない。でもそれは自分が住む町でも同じ。そんなことを思っていると、そんな中で偶然出会った人たちと共に過ごす時間があるならもっと大切にしたいと思いました。

Smells Like Teen Spirit

Posted by Y on 4月 16th, 2008

 先日、以前予約していたCDが届きました。灘井誠「バリトンリサイタル」。ドイツリートの名曲が、その名の通りライヴ録音でおさめられていました。シューマン、シューベルト、シュトラウス、マーラー、シェーンベルク。私が今まで聴いた中でもっともステキな演奏の数々。音楽に温かさを与えているのは、きっといつまでも絶えない探究心と好奇心、感動する心、いつまでも尽きない音楽への喜び、人生の深さ、恋と愛と…もう生で聴くことができないのが悲しい。

握手のデッサン

Posted by Y on 4月 5th, 2008

 高校生の時、鉛筆で手を描きました。小さな手、優しく包まないと泣き出してしまうから、大切に大切に。イメージで描いたので写実性には不安を残しているし、クロッキーに近い量感の浅さは感じますが、柔らかな気持ちを形に表わす努力をしていたように思います。手で、想いを表現できているでしょうか。
手