郷愁

Posted by Y on 2月 7th, 2007

 用事の帰り、バスの待ち時間10分。待てない時間ではないけど
今日は次のバス停目指しがてら、歩くことにしました。
いつも車窓から眺めるだけの風景にも興味があって。
歩くと、街灯に辛うじて映されるような、
細くて暗い道にもノスタルジアをたのしめました。
ただ自転車に乗った小学生が通るだけで、
昔の自分に重ねてしまって、
その道もなんだか懐かしい景色でした。

 郷愁やウィンドウショッピングを楽しんでいると、
もっと歩きたくなったので、
なんとなく歩き続けることにしました。
空腹もあり居酒屋や、大衆食堂に惹かれましたが、
がまんしてコンビニで豆乳を買いました。安いから。

 途中から同じ値段でバスに乗るのも抵抗が出てきて、
結局最後までバス停6駅くらいを歩きました。
40分ほどでしたが、いろいろ考えているとあっという間。
目的の駅が近づくにつれ、賑やかになり、
駅に続く、キラキラした商店街まできました。
歩いてきたのはバスや路面電車が通るくらい大きな通りの歩道。
路面電車、昔乗ったかな?
もう覚えてはいないけど、どこか懐かしい響き。
きっと乗れば、郷愁へ誘ってくれるのだと思います。
その通りを斜めに高校生自転車二人乗りが突っ切って行きました。
きっと恋人なんでしょう。

 帰ったらポケットに豆乳がありました。
朝食にします。

小豆について

Posted by Y on 2月 5th, 2007

「いいかい、君が小豆の下が全く見えない部屋で
一粒ずつ拾ってることを嘆いているのなら、
そんなときは小豆を二粒ずつ拾うんだ。
そうすれば2倍早くきれいになる。」

 私の日記を読んだある哲学者の言葉です。
なるほど、感心しました。
人それぞれ小豆を前にして、
いろいろな反応をするんですね。
器用に二粒ずつ拾ってみたり、
拾わず、小豆の上でスケートをしてみたり。
私は不器用で、その上部屋も狭い。
仮に広くても頭が固くて、スケートなんて…
結局一粒ずつ拾うことしかできません。
今日目立つ四粒ほど拾いました。

 彼は付け加えて言いました。
「ただ、僕は小豆さえ見えない真っ暗な部屋で
二粒ずつ拾ってるから、
いつになってもきれいにはならないのさ。」