人の様子や物の動き、日々の生活の中にある移り変わりを眺めてみます。自分もその中にいて、世界を作る一員です。最近一番奇妙なのが電車の中の世界。ふとその様子を眺めてみると、並んで座ってる人がみんな携帯を持って、向かって立っている人もみんな携帯を持って、優先座席(優先座席付近では携帯電話の電源はお切りくださいと理由に納得できようとできまいと注意がある)でも携帯を持って。メールかテレビかゲームかネットかわからないけれど、とにかく携帯に心を奪われてしまってる。

 この間は優先座席で携帯でテレビを見ていた男性が、通った車掌に注意されました。その時はなおしたけれど、またすぐ見始めました。車掌が端まで行って戻ってきたので、また男性はその時だけ隠していました。そんなにテレビがみたいのか…だったらせめて立って別の場所に行けばいいのに。見てるこっちが恥ずかしくなりました。私も時に携帯を見るけれど、そんな景色を作る一部になるのはどこか気持ちが悪いから、なるだけ避ける。私の場合は特に携帯ですることもないのですが…この景色はいったい何を描写しているんでしょう。